瞑想・マインドフルネスのすすめ〜アプリで気軽にマインドフルネスを始めてみる〜

こんにちは、魚住理一です。

ここ数年でビジネス業界でもマインドフルネスという言葉が流行してきました。
Googleやインテル等の大手企業が取り入れていることでも有名ですね。

マインドフルネス瞑想とは、意識を「今ここ」に集中させて
善悪の価値基準を手放して、感じるままに現実を受け入れることです。
心を整えてマイナス感情から離脱することができますが、
集中力や創造性を高めると言う観点でも効果があるとされています。

実際、私もここ数年はマインドフルネス瞑想を日課にしています。

最近は携帯アプリでもマインドフルネス瞑想が体験できるものが多くあります。
今回は、私も実際に使用してみておすすめできそうなアプリもご紹介します。

瞑想とマインドフルネス瞑想の違い

瞑想もマインドフルネス瞑想も、実際のところやり方も効果もほとんど変わりません。
違いがあるとすれば、その目的になるかと思います。

瞑想の目的が「叡智に触れる(=悟り)」ことであるのに対して、
マインドフルネス瞑想は「心や身体の不具合を解消する」ことが目的です。

マインドフルネス瞑想は瞑想の一種であると言われていますが、
あまり細かなことを言うと長くなりそうなので割愛します。
どちらにしてもその効果は科学的にも認められているものです。

マインドフルネス瞑想の効果

ストレスの軽減

頭に浮かぶ思考や雑念を客観的に見ることができるようになりますので、
ネガティブな感情やイライラに頭を支配されないようになります。
自分にとってマイナスな思考を手放すことによって、ストレスを軽減することができます

集中力の向上

心も体も1つのところに深く集中する時間を持つことで、集中力の向上につながります。

ダイエット効果

意外かも知れませんが、ダイエット効果もあります。
マインドフルネス瞑想を続けていくと五感が鋭敏になってきますので
少量でも味わって食べることで満足感が得られるため、結果ダイエットにつながります
また、自分の身体の状態を意識していくことで過食を避けるようにもなります。

免疫機能の向上

リラックスして座っていることで、副交感神経が優位となります。
身体にかかるストレスが軽減されることになりますので、免疫力が向上します。

セルフイメージの向上

マインドフルネス瞑想によって、普段意識をしない自分自身の感情や思考に気がつくことができます。
ありのままの自分を受け入れることによって、
自分に対しての否定的な感情がなくなってきます。

マインドフルネス瞑想の基本的なやり方

マインドフルネス瞑想は、「姿勢を整える」「呼吸を整える」「心を整える」の三段階ですが、
基本的に以下の流れで行なっていきます。

  1. 座って、顎を引き、背筋を伸ばす
  2. 大きく深呼吸を数回行い、呼吸を整える
  3. 次第に深く、静かな呼吸にしていく
  4. 15〜30分程度行なったら、ゆっくりと目を開き、身体を伸ばす

ポイントとしては、

  • 呼吸に意識を集中すること
  • 雑念が出てきても、それを受け入れて観察すること

ですね。

それでは、おすすめのアプリをご紹介していきます。

マインドフルネス瞑想のおすすめアプリ

雲堂

超宗派仏教徒によるインターネット寺院【彼岸寺】のお坊さんたちが監修した坐禅のためのアプリです。

初心者にありがたいのが、坐禅のやり方を説明したYoutube動画がアプリから参照できるところです。
このように文章で読むよりも動画を見る方がわかりやすいですね。

私も色々なアプリを試してみましたが、
正直なところおすすめできるのはこの「雲堂」一択です。

主な機能としては

  • 時間が5〜60分まで選択できる
  • 開始・終了時に鳴る鐘の音を選択できる
  • 自分の坐禅回数・時間がわかる

等がありますが、一番いいのは
誘導音声なしでシンプルに開始と終了だけを知らせてくれる
ところですね。(誘導音声ありも設定できます)

まとめ

いかがだったでしょうか?
最初は5分だけでもいいので、マインドフルネス瞑想をぜひ取り入れてもらえればと思います。

ちなみに、地域によりますが、お寺などで「座禅会」をやっているところもあります。
(私も一時期通っていました)
興味のある人は独学だけでなく、お寺の住職の元できちんとした作法を習うというのもいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です