デジタルデトックスの効果と方法。SNSに疲れたあなたへ

こんにちは、魚住理一です。

最近、スマートフォンやパソコンから距離を置く「デジタルデトックス」を実践する人が増えてきています。
いわゆる「ネット断ち」ですね。

今回は、

  • デジタルデットクスとは何をすればいいのか?
  • どんな効果があるのか?

についてお伝えしていきたいと思います。

デジタルデトックスとは何か?

デジタルデトックスとは

デトックスとは「体内の毒素を排出すること」ですが、
デジタルデトックスとはスマートフォンやパソコンと距離を置くことでストレスを軽減し、現実世界での繋がりや自然との調和を意識することで、心身に溜まったストレスや疲労を除去することです。

デジタルを完全に手放してしまおうというものではなく、
適度に付き合っていきましょうというものです。

デジタルデトックスの必要性

日本人のほとんどがスマートフォンやパソコン等を所有していて、いつでもどこでもインターネットに接続できる環境が整備されています。

  • 常にメールやLINEの通知をチェックしたり、
  • 少し時間が空くとスマートフォンをいじってしまったり、
  • 自分の投稿下SNSに「いいね」がついていないか気になったり、

あなたも身に覚えがあるかもしれませんね。

デジタルデバイスは私たちに常に新しい情報を届けてくれる非常に便利なものですが
その反面、生活に悪影響を与えてしまっています。

デジタルデトックスがおすすめな人

手元にスマートフォンがないと不安になったりそわそわしてしまう人はおすすめです。
いわゆる「スマホ依存」になっている可能性があります。
また、FacebookやTwitterなどのSNSでの人間関係に悩んでいたり反応に過敏になっている「SNS疲れ」を起こしている人も試してみる価値はあると思います。

デジタルデトックスの効果

脳の疲労回復

脳にも急速は必要です。24時間インターネットに接続できる状況は情報過多となり、脳の働きを低下させます。
その結果、疲れが取れにくくなったり、精神状態が不安定となることもあります。
脳を休ませる時間を作ることで、その症状を緩和させることができます。

体の疲労回復

スマートフォンやパソコンに向き合う時間は姿勢が悪くなりがちです。
長時間に及ぶことで首や肩のこりとなったり、呼吸も浅くなりすので自律神経のバランスも崩すことになってしまいます。

睡眠の品質向上

寝る前に何となく扱い始めたスマホなのに、気づけばついつい時間が経っていた、といった経験もあるかもしれません。これではベッドの中で自ら疲れを作っているようなものです。
また、スマートフォンの画面からは「ブルーライト」が発せられていて、睡眠を妨げる要因であると言われています。

想像力の向上

スマートフォンは調べ物をしたり、記録をしたりと私たちの脳を拡張してくれますが、
頼りすぎることは私たちの本来持っている「想像力」を退化させることになります。
本来「道具」であるスマートフォンによって自分自身の能力を退化させてしまっては元も子もない状態ですね。

時間にゆとりができる

スマートフォンを操作している間は時間を浪費していることが多いです。
ただ何となくという動機でゲームをしたり動画を見はじめたり。
これらはあなたの時間であるようであなたの時間ではありません。

デジタルデトックスのやり方

スマートフォンの通知を最小限にする

スマートフォンからは絶えず通知がやってきます。
ニュースアプリの更新通知やSNSからの通知。
これらは本当に必要なものでしょうか?

通知が来るとついつい開いてしまいますので、まずは通知をオフにしてみましょう
そして、自分の見たい時間に見るようにする。
まずはこれから始めてみましょう。

就寝の1時間前からスマートフォンを触らない

布団に入ってからもずっとスマートフォンを触っている、という方も多いと思います。

前述のように心身への影響のこともありますが、「使わない時間を明確にする」ということも大事です。

スマートフォンがなくても、例えば本を読むとか音楽を聞く、日記を書いてみる等、たくさんの時間の過ごし方があります。

SNSをやめる

TwitterやFacebook、Instagram、世の中には様々のSNSがあります。
これらを思い切ってやめてみましょう。

とはいえ、意外とやめることが難しいのがSNSだったりもします。
そういう時は「まずは1つに絞る」だけでも大きく変わって来ると思います。

休日はスマートフォンを置いて外出する

これはかなり効果があります。
普段は仕事でどうしても手放せない、という方も休日であれば挑戦できると思います。

スマートフォンが手元にない分、周りの景色を眺めてみるのもいいでしょう。

電波の届かない場所に旅行にいく

難易度が上がりますが、これは否応なしにネットが使えなくなりますね。
連絡がありそうな人には「2、3日旅行で連絡が取れないかも」と伝えておけば大丈夫です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

私が実践してみて一番効果を感じたのは「不要な情報が入ってこない」ところです。

「〜している人は危険」とかいう記事があるとついつい見てしまいますが、
これらは実は大して不安になることではなかったりもします。

これによって本来不要な悩みを抱えることがなくなります。

また、完全にデジタルデバイスを手放す必要はないと思います。
要はあなた自身がコントロールできる状況にあればいいのです。
必要な時に必要な情報だけ調べる、ぜひデジタルデトックスを取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です