実際に「お金」を引き寄せた例をご紹介【引き寄せの法則】

こんにちは、魚住理一です。

前回の記事では「お金の引き寄せに必要なマインド」についてご紹介しました。
今回は、実際に「お金を引き寄せる方法」について書いていきたいと思います。

ちなみに、私が最初に “意図して” 引き寄せの法則で引き寄せたものも「お金」です。
(正確には、欲しい収入に見合う案件)
今回は、私の実体験を含めてお伝えしていきたいと思います。

お金の引き寄せ どん底の魚住が1000万円を引き寄せた話

 

本当に自分に必要なお金はいくらなのか?

プロフィールにも記載していますが
私は起業してから全く上手くいかず、借金が1000万円の状態まで堕ちました。

ですので、とにかく当時はお金が欲しかったのです。
引き寄せの法則に出会ってから真っ先に実験したのが「お金の引き寄せ」でした。
しかし、なかなか思うように引き寄せられませんでした。

当時のメンターに相談したところ、このようなアドバイスをいただきました。

魚住くん、本当に自分が必要な金額を理解してる?
漠然と大金をイメージしても上手くいかないと思うよ。
家賃や光熱費、飲食代、それから貯金に回したい金額
それらを全て洗い出してみて。
結局のところ、必要な金額しかやってこないから。

そう、ただただお金の欲しかった私は、

  • 大金を手にした自分
  • 通帳に「0」がたくさん並んでいる状態

ばかりをイメージして、本当に必要な金額を分かっていませんでした。

私はメンターの言うように、必要な金額を詳細まで計算しました。
結果は、月85万円。年収にして約1000万円になります。
当時の売上から考えると、途方も無い数字に思えました。

「充足」に焦点を当てる

これもメンターから教わったことです。

「ないもの」じゃなく、「あるもの」を考えてみよう。
例えば、財布の中に1万円しか入っていないとして、
その1万円で何ができるか考えてみて。
結構いろいろなことができるよね。
節約すれば遠いところまで旅行にも行けるし、
お腹いっぱいご飯も食べられる。
ほら、お金持ちじゃない?

仮に破産したとしても、日本に住んでいる以上は
国の保護を受けることもできるよ。
そんなに深刻になることはないよ。

私はないものばかりに焦点を当てていました。
当時はなかなか腑に落ちませんでしたが、今ならよく分かります。

「不足」ばかりに焦点を当てていると、
結局のところ「不足」の状態が引き寄せられるわけですね。

このマインドによって、
「お金欲しいけど、なくても大丈夫かも」
と思えるようになっていきました。

必要なお金に相応しい自分になっているか?

これもメンターから教わったことです。

「必要なお金に相応しい自分」について考えてごらん。
1000万円を売り上げる人はどんな振る舞いをする?
服装や言葉遣いまで細かなところまでイメージしてみて。
イメージできたら、その人になりきって行動してみるといいよ。

私は「1000万円の売上げる人」についてイメージしてみました。
とはいえ、最初はイメージがつかなかったのでメンターの物真似から入りました。
私がやったことは以下のようなことです。

  • きちんとした襟のあるシャツを着る
  • 会計のときに「ありがとう」と言う
  • 何かしてもらったら大げさに喜ぶ
  • 否定的な言葉は使わない

あとは缶コーヒーをやめて、少し高めのコーヒーを買ったりもしましたね。

「謎の確信」がやってくる

もちろん、突然人格が変わる訳ではありませんが
それでも少しずつ気持ちに余裕のようなものが出てきたことを覚えています。

別の記事で紹介したような引き寄せのメソッドを実行しつつ
異業種交流会に参加したりと実際のアクションも行なっていました。

そうすると、ある日「あ〜、これは上手くいくな」と謎の確信みたいなものがやってきました。

それから先は早かったです。
私はたまたま交流会で出会った方からある経営者の方とご縁をいただき、
そこで「月86万円」の専属契約を獲得したのです。

まとめ

要点をまとめると、以下のようになります。

  1. 自分に必要な金額を明確にする
  2. 「充足」に焦点を当てる
  3. 必要なお金に相応しい自分になる

こうして私は年間1000万円の売上を手に入れ、それが借金生活からの脱出の一歩となりました。
(計算結果の85万円にすごく近いことにも驚きです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です